人気ブログランキング |
■ MicrosoftとIntelはHD
2005年 09月 28日 |
米マイクロソフトとインテル、東芝のフォーマット支持を表明
Excite エキサイト : ニュース


米MicrosoftとIntelが次世代DVDの規格論争に参加?する。
両者が意向を示すとしたらどちらになるのだろうと楽しみにしていたが
どうやらHD DVDを支持すると表明したらしい。

さてさて、ブルーレイ推奨のSonyと松下はどう動く。

ちなみに一消費者として私の意見を述べるとすれば
ホントのところどっちでもいい。
ただ・・・・・・
どっちかに統一してくれ
・・・・・・というのが本音である。

関連記事:
米インテル・マイクロソフトの支持で、HD DVD規格普及に弾み=東芝
Excite エキサイト : ニュース

次世代DVD:ウィンテル連合、『HD DVD』支持を表明
Excite エキサイト : ニュース




米マイクロソフトとインテル、東芝のフォーマット支持を表明
[ 09月27日 17時52分 ]


 9月26日、米マイクロソフトとインテルは、次世代DVDの規格について東芝のフォーマット支持を表明した。写真は今年6月、ソウルで記者会見に臨むインテルのオッテリーニ最高経営責任者(CEO)(2005年 ロイター/ Kim Kyung-Hoon)

 [シアトル 26日 ロイター] 米マイクロソフトとインテルは、次世代DVDの規格について、東芝<6502>などが進める「HD DVD」フォーマットの支持を決めた。
 両社は、「HD DVD」フォーマットは、高画質の映像をコンピューターのハードドライブにより容易にコピーできる、と支持の理由を述べた。
 競合するソニー<6758>の「ブルーレイ」フォーマットにとっては打撃となる。
 数十億ドル規模に上る次世代DVDプレーヤー、パソコンドライブ、光ディスク市場を狙い、次世代DVDディスクの規格をめぐって東芝とソニーは3年間にわたり競い合っている。
 インテルの光メディア・スタンダード・アンド・テクノロジーズのディレクター、スティーブン・バロー氏は、「この市場を成功させる可能性が最も高いフォーマットを選択した」と説明した。
 マイクロソフトは6月、「HD DVD」フォーマットの技術開発に向け東芝と提携すると発表しており、今回の決定は予測済みだった。
 東芝、NEC<6701>、三洋電機<6764>が「HD DVD」フォーマットを推進する一方、ソニー、サムスン電子<005930>、松下電器産業<6752>は「ブルーレイ」フォーマットを推進している。


米インテル・マイクロソフトの支持で、HD DVD規格普及に弾み=東芝
[ 09月27日 17時52分 ]

 9月27日、東芝は、米インテルとマイクロソフトが次世代DVDの規格について、東芝などが進める「HD DVD」規格の支持を決めたことを歓迎した。写真は今年8月、同社の本社でロイターのインタビューに応じる西田厚聰社長(2005年 ロイター/ Issei Kato)

 [東京 27日 ロイター] 東芝<6502>は、米インテルとマイクロソフトが次世代DVDの規格について、東芝<6502>などが進める「HD DVD」規格の支持を決めたことについて、「HD DVD」規格の普及にさらに大きな弾みがつくと歓迎した。
 東芝は、次世代規格としてHD DVD規格を推進するDVDフォーラムの議長会社で、ソニー<6758>や松下電器産業<6752>が推進するブルーレイ規格と競い合っている。
 また、インテルとマイクロソフトは、HD DVD規格による製品の市場拡大を図るための団体で東芝など4社が幹事を務める「HD DVDプロモーショングループ」にも加入しており、4社は、IT産業のリーダーである両社の加盟は、HD DVD規格に基づく製品の市場拡大に貢献すると期待の意を表明した。


次世代DVD:ウィンテル連合、『HD DVD』支持を表明
[ 09月27日 18時05分 ] Hotwired Japan

 米インテル社と米マイクロソフト社は26日(米国時間)、次世代の高精細DVDとして『HD DVD』規格を支持すると表明した。同規格を推進するHD DVDプロモーショングループに加盟する。IT業界に強い影響力を持つ“ウィンテル連合”のHD DVD陣営参加は、ソニーなどが主導する『ブルーレイ・ディスク』との覇権争いに影響しそうだ。

 両社は詳細な評価の結果、HD DVD規格が求められる重要な基準を満たし、デバイスとの相互運用性や移行のしやすさなどの点で有利であると判断したという。消費者と業界が要求する基準で、HD DVDが満たしているものとして、▽DVDのコンテンツを『メディアセンターPC』やホームサーバーなどにコピーできる「マネージド・コピー」機能▽1枚のディスクに高精細と標準の映像を同時に記録できる「ハイブリッド・ディスク技術」▽当初からブルーレイ・ディスク(25GB)を上回る2層式30GBの大容量――などを挙げている。

 一方、この支持表明を受けて、HD DVDプロモーショングループの幹事会社であるNEC、東芝など4社は27日(日本時間)、歓迎すると発表した。また、「IT産業のリーダーである両社のプロモーショングループへの加盟は、HD DVD規格にもとづいた製品の市場の早期立ち上がりと今後の拡大に大きく貢献するものと期待する」と述べている。