カテゴリ:スポーツ (122)( 127 )
|

2007年 07月 10日 |
日本人って根性無いよね。昨夜の試合って結構いい感じだったんじゃないの?
にもかかわらず、なんで勝てないかな?
勝負事になるとどんなスポーツでもそうだけど、日本人にはあまり勝ちに対する貪欲さがないよね。
楽しみたいなら国を代表しないでほしいな。
もちろん勝ちたい奴らもいるだろう。
テクニックだけじゃ勝てないんだよね、あれだけ激しいスポーツって。
[PR]

2007年 05月 13日 |
といっても放送前だ。
全部モアしとくか。

ということで速報!
[PR]

2007年 04月 16日 |
a0020413_23593957.jpg

a0020413_23595927.jpg

a0020413_005744.jpg


それにしても、マクラーレンのハミルトンはすげーな。
シューマッハもアロンソもルーキーイヤーのデビュー三戦で
ココまで健闘したか???
何気にドライバーズタイトルの台風の目になるかもね。
きっとアロンソ、ライコネン、マッサのバトルだろうと思うけど
このまま壊さないで走り続けることが出来ると
マクラーレンのチーム力も加味して4強対決の様相になるかもしれないね。
気になるのは、以前もチラッとお話しましたが、今年はザウバーがいい。
ハイドフェルドが三戦連続で5ポイント取ってる。
クビサがペーペーなのはまぁしょうがないにしても、クビサもかわいそうだな
マッサやハミルトンがこれだけ活躍すると、立場なくなっちゃうよ。
頑張れクビサ
[PR]

2007年 03月 31日 |
を応援します。

ファミマで缶コーヒーニ本組抱き合わせ作戦のキャンペーン中
コーヒー無いと死んでしまうというF1サポータは是非全種ゲットしてくださいね

a0020413_2344495.jpg

a0020413_2345165.jpg

a0020413_23453864.jpg



あんまり変わんないけどギリギリのところで特徴をさりげなくアピールしているようだw
[PR]

2007年 03月 25日 |
サッカー
 日本 2-0 ペルー
 クロアチア 2-1 マケドニア(リク)

ボクシング
 亀田 判定3-0 エベラルド・モラレス

女子フィギュア
 金メダル 安藤美姫
 銀メダル 浅田真央
 銅メダル 金妍児(キムヨナ)

世界水泳女子シンクロ
 団体フリールーティン 第三位 銅メダル

プロ野球 パ・リーグ開幕戦
 西武 5-2 楽天
 ソフトバンク 5-8 オリックス
 千葉ロッテ 4-4 (雨天コールド) 日本ハム
[PR]

2007年 03月 19日 |
なんだかオーストラリアすごかったね~。
自称なんちゃってティフォシにはたまらん展開だったようだ。
F-1 Live.comではかなりリアルにレポしてくれるので
テレビ見れなくてもそこそこは分かる。

マッサ残念だったね。ポテンシャルを活かせる上位グリッドだったら
フェラーリのワンツーだったのかもしれないね。

それはそうと、ホンダ勢だよホンダ勢!
な・なんと、SAF1の二人、予選で本家を抜いちゃったよ

ゴシゴシ(-_\)(/_-)三( ゜Д゜) ス、スゲー!

しかも、琢磨に関しちゃバトンよりも前でフィニッシュしてるよ~

(*^^)//。・:*:・°'★,。・:*:♪・°'☆ パチパチ

いやーすばらしい!
現役時代、セナプロの大喧嘩の棚ぼたで3位表彰台以外弱体チームでほとんど成績を上げられなかった監督・鈴木亜久里よりも偉大だよ。

なんとなくミハエルと似たような感じを受けた琢磨が成長し、こうやって結果を残せるマシンを作っている。
なんかいいね。

つーか、亜久里監督のデビューチーム ザクスピード・ヤマハ
今思うと、まさにザクな遅さだったね(笑)

ということで、自称ティフォシでも、勝ってくれなきゃ困るキミではなく
今回のオーストラリアは琢磨ちゃんにMy MVPをあげちゃうw
[PR]

2006年 12月 27日 |
巨人上原は3千万円減 投手最高年俸は川上投手に
Excite エキサイト : スポーツニュース


上原、8勝9敗 しかも公約すら破り、200イニングも投げていない。
こんな投手がなぜに年棒3億1千万?

納得いかね~!
[PR]

2006年 12月 20日 |
マジで見てた人すいません。先にお詫びしときます。

えと、実際のところ、期待もしてなかったので、今日はワンセグで見てました。
小っちゃい画面で細々と。
まぁラジオに都合のいいときだけ画面が移ると思っていればワンセグ携帯もまた
ナイスなアイテムですね。

と、余計な話は置いといて
[PR]

2006年 12月 03日 |
やはり!というか、バンナでダメならシュルトかなとは思ってたけど、
バンナですらダメダメだったね。
そういう意味では、久しぶりにピーター・アーツの勇姿を見たってかんじだ。
ダウン無ければどうだったかというと難しいのでちょっともったいなかったかな?

つか、昨夜のピーターを見て、シュルトの弱点のサンプルも少しは出たのかな?

そうじゃないと、来年もシュルトじゃつまんないもんね
[PR]

2006年 10月 23日 |
とうとう、今年度のF-1ワールドチャンピオンシップが終わってしまった。
最終戦のブラジルはF.マッサの母国優勝。シューミには全くツキのない週末だった。
最後に有終の美をという想いは強かったのだが、フェラーリのスタッフはよくやったと思う。

結果、ドライバーズタイトルはF.アロンソに、コンストラクターズタイトルはルノーに決定したが、
オイラはフェラーリ(厳密に言うとシューミじゃないのよね、実は)のファンなので
フェラーリの功績として、事実上のタイトルをあげたいくらいだ。

というのは、ホームグランプリでの勝率の問題。
ルノーサイドは、アロンソのスペイン、フィジケラのイタリア、隣のサン・マリノ
そしてルノーの地元フランスと、やはりモナコ の5戦

フェラーリサイドは
ヨーロッパのニュル、ドイツ、イタリア、サン・マリノ、ブラジルの5戦
イタリア・サンマリノはフェラーリとフィジケラがかぶるので2位でも勝ちにしよう。

ということで戦績を見てみると

ルノーサイドは
スペインでアロンソ
イモラでアロンソ2位(しかしフィジ(8位)じゃないので負け)
モナコでアロンソ
フランスはアロンソ2位で負け
イタリア・モンツァはフィジ4位で負け
ということで2勝3敗

一方フェラーリサイドは
イモラでシューミ
ヨーロッパ・ニュルでシューミ
ドイツ・ホッケンでシューミ
イタリア・モンツァでシューミ
ブラジルでマッサ

5戦5勝!!

なんとフェラーリはホームサーキットで全勝しているのですよ。
この功績を認めずして今年のF-1は語れません。
そして、結果は残念であったが、フェラーリのクルー、ドライバーその他関係者さん
本当にお疲れ様でした。

関連記事:
アロンソが総合連覇 F1ブラジルGP決勝
Excite エキサイト : スポーツニュース

[PR]