カテゴリ:スポーツ (122)( 127 )
|

2007年 10月 02日 |
残り2戦での各ドライバーのチャンピオンシップについて調べてみた。
富士の終了時点で、各ドライバーのポイントは以下のとおり

ハミルトン:107ポイント
アロンソ :95ポイント
ライコネン:90ポイント
マッサ  :80ポイント


ハミルトン以下のドライバーは3人が3人とも2連勝するしか望みはないのだ。
そこで2連勝した場合のポイントを算出してみる。

ハミルトン:107(両方無得点の場合)
アロンソ :95+20=115
ライコネン:90+20=110
マッサ  :80+20=100


この時点でマッサのチャンピオンシップは終わった。ただし確実に望みがないわけでもない。それは後で検証する。
問題はライコネンとアロンソなのだが、

ライコネンは2戦2勝しても、ハミルトン4ポイント、つまりどちらかで5位フィニッシュでアウト。
アロンソは2戦2勝すると115ポイント、そうなるとハミルトンは9ポイント必要になる。

ということで、次戦上海でハミルトンが優勝すればアロンソの順位にかかわらずタイトル決定。

アロンソが優勝するとハミルトンは2位でも上海では決まらない。この場合上海終了時点でハミルトン115P、アロンソ105Pになるので最終インテルラゴスではハミルトンは最低でも入賞しなければならない。ただし入賞すればチャンピオンはハミルトン。
そこで問題になるのは9ポイント取ればいいということ。アロンソは富士でリタイアしているので上海は1戦目のエンジンで臨めるがハミルトンは2戦目のエンジンとなる。となると2位を無理に取りにいく必要はあるのだろうか?ハミルトンは残り2戦で9ポイント取ればよい。順位で言えば4位と5位でいいのだ。上海とインテルラゴスのコースレイアウトを考えれば上海はマクラーレン、インテルラゴスはフェラーリがやや有利そうだが、しかし、セッティングによってはどちらもフェラーリ有利かもしれない。どちらにしてもマクラーレンのポテンシャルなら4位5位を取ることはたやすいだろう。残り2戦のコースレイアウトも総合力が必要なレイアウトゆえに下位チームに食われることはないだろう。となると、予選でポールポジションを取れるのであれば、無理に2戦目のエンジンは必要ないのだ。あえてグリッド降格を甘んじて受け手抜きで堅実に走って4位フィニッシュをゲットする方法がある。エンジンを積み替えてBMW以下のチームをすべてパスすればそれでいいのだ。それだけで確実に4位2回ゲットできる。つまり10ポイント。上海は抜きどころが多いから、予選11番手、12番手からでも5位4ポイントを取ることは苦労無いはず。それならアロンソの動きだけ追えばいい。マクラーレン有利でアロンソが勝ちそうなら4位をフェラーリが有利で予選で活躍することになれば、ハミルトンは入賞だけを狙えばいいことになる。あいまいな部分を突いていくときりがないので大雑把だけだが、ハミルトンのチャンピオンは富士で決まったも同然だということになった。

さて、後述するといったフェラーリだが、望みがない事もない。
12月の裁定でもしマクラーレンのドライバーズポイントも剥奪という事態になれば、まだマッサにもチャンスはある。(チームが上訴しなかったため可能性は限りなくゼロに近いが)ただしその場合、マッサも2連勝が必要。ただし2連勝すればライコネンは11ポイント取る必要があり2戦で3位、4位が必要になる。8ポイント、3ポイントなら2位と6位でもいいのだ。
現状マッサのテクニックで優勝できるコースでライコネンの7位以下は考えにくい。マクラーレンの離脱によりコンストラクターズを獲ったフェラーリがそこまでのリスクを抱える必要があるかどうかという部分でどのような采配を振るってくるか。それによって変わってくるだろうが、マクラーレンがいてもチャンピオンシップは獲っていたと誇示すべく残り2戦フェラーリが本気になれば面白いかもしれない。
[PR]

さぁ
2007年 09月 28日 |
今日から富士だっ!!
[PR]

訃報
2007年 09月 18日 |
ベルギーGPに盛り上がっている間に偉大なるドライバーが事故でお亡くなりになっていたらしい。
F1ではなくWRCではあるのだが。。。

Colin McRae 1968 – 2007 - Rally : News F1 WRC - Rally-Live.com
F1通信:コリン・マクレーへの追悼 - F1界からのコメントと関連動画 -

オイラどっちも見るからさ、かなり衝撃(@。@;)&ショック。・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
なにも、あんなに若いのに・・・そして引退してまださほど経ってないのに。

彼とお子様のご冥福をお祈りします。
[PR]

2007年 09月 18日 |
オイラF1 Live.comしか見てないから気づかなかったけど
マクラーレン陣営当然のように上訴したみたいですね。

というのは、今回のスパでフェラーリがワンツーだったことで
ポイント剥奪が確定ならフェラーリのコンストラクターズタイトルが確定していたはず
(残り3戦で60以上差がついているので間違いない。つか先の段階で57ポイント差とう事は
フェラーリ全滅以外にザウバーのチャンピオンへの道はなかったわけか;)
しかし、ザウバーってさぁBMWと組んで何年だっけ?
2年目?3年目?その程度だよね?
それで100ポイントが見えてくるってのはある意味すごいね。
来年こそは台風の目になるかも?

でもって、オイラの私的感情による結末。
フェラーリ・ライコネン、マッサの順でドライバーズタイトル確定(ポイント剥奪により)
コンストラクターズももちろんフェラーリ

しかし、本当のチャンピオンはハミルトン
デビュー一年目にしてデビューイヤーにチャンピオンになったはいいが
チームのスパイ疑惑でそれが幻に・・・・・・。

でアロンソマクラーレン離脱・・・なんてことになったら面白いが
きっと半分もあたらんだろうな。(笑)

にしても、今年は若者の台頭が目立つね。
チャンピオンは史上最年少のアロンソ、そして次ぐのは
ハミルトン・ロズベルグ・コバライネン・クビサ・リゥッツィ・・・・
来年はもしかしたらピケ・中嶋の二世にもシートがあるかも?だし

バトン・トゥルーリ・ハイドフェルドなんていってる間に
クルサードはおっさんやし、ライコネンもバトンもトゥルーリもベテランの域
ミハエル・シューマッハが長生きしすぎてみんな沈んじゃいましたね。
[PR]

2007年 09月 15日 |
マクラーレン、スパイ疑惑に有罪の様子。
FIAの裁定がそのように下ったとのことでベルギーを前に
我が跳ね馬が棚ボタ?かもしれないコンストラクターズタイトルに王手がかかった模様。
今のところドライバーズポイントは剥奪の対象にはなっていないようだが、
今後の証拠の出方次第では二人のドライバーのポイントすらも剥奪されるかもしれない。

自称ティフォシではあるが、昨年のドライバーズチャンプがこのような形で離脱する可能性があるわけで、もし仮にそのような事態になれば、さすがにアロンソも気の毒っちゃ気の毒だ。

さて、今週末、昨日よりベルギーGPが始まった。
リニューアルのため、2005年を最後に、昨年はお休みだったのだが
鈴鹿無き今年、一番エキサイティングなサーキットであることに間違いはないだろう。
そんなこんなで、明日の晩はテレビも新しくなったことだし、ゆっくり見ようかな?
[PR]

2007年 09月 15日 |
らしきマシンが発表されている様子。

続き
[PR]

2007年 08月 26日 |
live.comで経過見てたんだけどおわったじぇ~

ネタバレだからさ
[PR]

2007年 08月 09日 |
YouTube - road car vs rally car vs f1

レポータ vs コリン・マクレー vs ジョニー・ハーバート(笑)
[PR]

2007年 08月 04日 |
トロ・ロッソオフロードを走る!

牛は牛でもレッドブル(笑)
な・なんとF1マシンが闘牛場と思われる会場でオフロード走行。
かなーりタイヤから回りしてるし、フロントなんて浮いちゃってるけど
それでも最後にはお尻ふりふりでスピンターン。

ちょっとしたバンピーなオンロードでさえ困難なF1マシンがオフロードを走るという
なんとも貴重かつ新鮮な映像だね。
[PR]

2007年 07月 22日 |
PKで勝ちをもらったとはいえ、
全体的にはよかった試合かもしれないけど、
それにしても、

どうして
どうして
どうして
どうして

日本のサッカーはセットプレーじゃないといい形が作れないんだ?

さらに、

な~んで自分でシュート
しようとしないんだ?

[PR]