カテゴリ:スポーツ (122)( 127 )
|

2005年 03月 06日 |
とうとう始まりました。2005のF-1
予選の不幸も重なり佐藤琢磨は残念でしたね。
それにしても、ピットでタイヤが交換できないという
新レギュレーションのためか
非常に面白いレースが見れましたな。
琢磨も我が愛するフェラーリも(バリチェロは頑張ってたが)
予選の雨でいいとこなしだったけど
一視聴者的には、最後の最後までわからない展開は
非常に面白かった。
つまり、日本人の集中力は非常によわっちぃので
なんともいえませんが、去年のように
予選でいい結果が出れば
琢磨にも優勝のチャンスがめぐってくるということ。

今年のF-1は見逃せませんな♪
[PR]

F-1
2005年 02月 03日 |
a0020413_16182919.jpg
とあるリンク先の方のところでふと気づく

Un ange passe.  来月になると

そっか、そんな季節なんだね~。
全然すっかりわすれてました。
そういえば、今年のチームと選手はどうなっているのだろうか?
あとで覗きにいってみようっと


Yahoo F-1
formula1.com(英語)
トーチュウF-1 EXPRESS
F-1 Live.com

B.A.R. はバトンと琢磨に変わりなしかぁ
見たところ動きらしい動きはルノーにビルヌーブが入ったことくらいかな?
またフェラーリの独壇場になるのかな??? ちょっと寂しい気がする。
一応は昔っからの、自称なんちゃってティフォシなんだけどね。
それでも一人の独壇場というのはつまらない。
他チームもぜひ頑張ってほしいと思いまする。
[PR]

2004年 11月 10日 |
とうとうやってまいりました!
アメリカのバスケットボールリーグ NBA!!
今年は、日本人初のNBAプレイヤー田臥勇太選手
開幕レギュラーに期待大ということで注目していたのだが


1メートル73のパイオニアが歴史を変えた。日本人初のNBA選手、サンズの田臥勇太(24)が本拠地アメリカ・ウエスト・アリーナで行われたホークスとのレギュラシーズン初戦に、第4Q残り10分から登場。3点シュートを決めるなど7得点1アシストをマークし、堂々のデビューを飾った。試合は112―82でサンズが快勝。

(スポーツニッポン) - 11月5日19時4分



日本人初の米プロバスケットボール協会(NBA)入りを果たしたサンズの田臥勇太は6日、当地で行われたネッツ戦で最終第4クオーター残り3分2秒から途中出場して最後までプレーし、2アシスト、2リバウンドを記録した。出場はデビュー戦以来2試合目でリバウンドは初。サンズは112-80で快勝し、開幕から無傷の3連勝とした。

【イーストラザフォード(米ニュージャージー州)6日時事】


今季2試合、通算出場時間約13分というわずかな時間の中で
田臥勇太選手はやってくれた!
トータル 7得点 3アシスト 2リバウンド!!
身長は全登録選手の中で2番目に小さい175cmだが
そのスピードは目を見張るものがある。
とてもすばらしい記録だと思う

だが、

NBAの公式ホームページは6日、グリズリーズから自由契約になったボー・アウトローが、サンズと契約する意思を固めたと報じた。7日にもチームに合流する見込み。これに伴い、田臥勇太がベンチ入りメンバーから外れる可能性が強まっている。
 アウトローは昨年9月に、サンズからグリズリーズに移籍した33歳のフォワードで、今季の開幕直前に自由契約になっていた。ホームページの記事は、アウトローが登録された場合、田臥か、控えセンターのハンターが故障者リストに入ると伝えている。ダントーニ監督は明言を避けたが、NBA関係者の話では、田臥が外される可能性が強いという。
 故障者リストに入った場合、チームに同行して練習などはできるが、メンバーの入れ替えがあるまで試合には出場できない。

(毎日新聞) - 11月8日10時20分


故障者リストに入っちゃうと、最低5試合は出場できないらしい。
田臥選手がまた活躍できる日を期待し、これからの健闘を祈りたい。
[PR]

2004年 10月 08日 |
いよいよ今日からですね、F1日本GP。
琢磨は?B.A.R.ホンダは?
トヨタは?

勝手に願いを込めたいのではありますが
現状も視野に入れ、琢磨選手は6位入賞、目指せ表彰台!!
J.バトン選手は、表彰台、目指せ第三期ホンダ初勝利!!
・・・とこのくらいがんばってくれるといいなぁと思いまする。

まずは、どーなる初日!
[PR]

2004年 08月 29日 |
終わっちゃいますね、アテネオリンピック。
今回の日本の選手たちはホントすごい頑張ったんじゃないかなって思います。
メダルの数も史上最高だし、自分の記憶の中には
コレだけ金が並んだ大会は無いと思います。
まさに素晴らしいの一言。

ですが、スポーツマンの方々って何考えて日々トレーニングしてるのかな?
オリンピックの金メダルってどれほどの価値があるんでしょうか?
もちろん、そんなことはそういう状況に無い私には想像もつかないのですが、
実際、悩み事を抱えている現状の自分には、もしかしたら
そういう“金”へのこだわりみたいなものが答えに繋がるのかな?なんて
思ったりしてみました。

この夏、ちょっと意識してTV鑑賞に明け暮れたのにも
ちょっとは意味があったかな・・・・・・。
[PR]

2004年 06月 21日 |
第9戦、アメリカGP、琢磨がとうとう悲願を達成してくれました。
鈴木亜久里さんの90年日本GP以来14年ぶりの快挙です。
そして、何がすごいって、一ファンとして、実力でもぎ取った表彰台だということが
とてもうれしいのです。

思えば90年の日本は当時2強といわれたマクラーレン(A・セナ、G・ベルガー)と
フェラーリ(A・プロスト、N・マンセル)の一騎打ちのはずだった。
が、セナ・プロの事故により、ドライバーズタイトルはあっさり決まり
さらにベルガーもマンセルも途中リタイア。さらにさらにリタイア続出で
終わってみれば1位N・ピケ、2位R・パトレーゼと当時のベテランドライバー以外は
誰が誰だかすら覚えていないような結果だった。
(すいません、間違いです。2位はベネトンのR・モレノでした。2004.06.22)
もちろん、亜久里さんを否定するわけではないが、私的には、どうしても
前がポシャったので表彰台に上がれた・・・との解釈だったので
いつの日か、日本人が実力で、走るマシンを駆り堂々と表彰台に立つ日を
待ち望んでいたわけである。

そんな中、早14年の歳月が過ぎ、そして一昨日の琢磨予選3位の知らせ・・・・・・。
今回こそB.A.Rよ壊れないでくれ!!と思いつつ今日も仕事だったので
朝の一報を待っていた。そこでとうとう悲願達成の知らせが!

とうとうやったか琢磨よ!おめでとう!!
これからは、まずは中嶋悟さんの持つファステストラップのタイトル
そして、誰もなしえなかった表彰台の真ん中へ・・・
今年は期待しちゃいます。
[PR]

2004年 05月 23日 |
ついさっき、今日はF-1モナコGPだということを知りました。
F-1といえば、学生のときは毎試合見てました。
当時はナイジェル・マンセルとジャン・アレジが好きでした。
しかし、最近はほとんどTV観戦することも無く思いっきり離れていたのですが、
やはりモナコだけはビデオに撮っていました。
シューマッハの記録更新、佐藤琢磨の日本人記録
今年はすごく楽しそう。
毎年何が起こるかわからないモナコ・・・・・・。
今年はどんなシナリオが待っているのでしょうか???
[PR]