カテゴリ:スポーツ (122)( 127 )
|

2009年 08月 30日 |
バトン(現在6勝3位1回 あと2回優勝でチャンピオン)
バリチェロ(全勝で優勝 6戦5勝で条件待ち 2位3回 3位1回)
ウェーバー(全勝で優勝 6戦5勝で条件待ち 2位3回 3位2回)
ヴェッテル(全勝で優勝 6戦4勝で条件待ち 2位2回 3位1回)
ロズベルグ(3位が無いので仮に全勝でも優勝は無し)
ハミルトン(全勝で優勝 6戦5勝で条件待ち 2位1回 全勝で87P)
ライコネン(6戦全勝で84P 2位1回 バトンに6位があれば届かず)
トゥルーリ(6戦全勝で82.5P)
の条件が下記のように変わった。
バトン リタイア、メンタル的に乱れてるのでまだ分からない
バリチェロ 7位リザルト、5戦全勝でバトン待ち
ウェーバー 9位リザルト、5戦全勝でバトン待ち
ヴェッテル 3位リザルト、5戦4勝でバトン待ち
ロズベルグ バレンシアで脱落決定
ハミルトン 5戦全勝でバトン待ち
ライコネン 優勝にて現状維持
トゥルーリ リタイアにて脱落
[PR]

2009年 08月 24日 |
残り6戦になった時点でドライバーズチャンピオンシップを整理してみよう
現在トップは、ジェンソン・バトンで6勝72P 2位1回
この時点で未勝利で3位が無いドライバーは優勝は無し(9位以下)
(マッサに2位が1回あるがベルギーの欠場も決まっているのでマッサも無し)
マッサ、グロック、アロンソ、コバライネン、ハイドフェルド、クビサ、ブエミ、ボーデ、アルグエルスアリ、グロージャン、ピケ、ナカジマ、スーティル、フィジケラ、バドエル
ハイドフェルドは2位があるが全勝でも現ポイントにおよばず。

残りは、
バトン(現在6勝3位1回 あと2回優勝でチャンピオン)
バリチェロ(全勝で優勝 6戦5勝で条件待ち 2位3回 3位1回)
ウェーバー(全勝で優勝 6戦5勝で条件待ち 2位3回 3位2回)
ヴェッテル(全勝で優勝 6戦4勝で条件待ち 2位2回 3位1回)
ロズベルグ(3位が無いので仮に全勝でも優勝は無し)
ハミルトン(全勝で優勝 6戦5勝で条件待ち 2位1回 全勝で87P)
ライコネン(6戦全勝で84P 2位1回 バトンに6位があれば届かず)
トゥルーリ(6戦全勝で82.5P)
ハミルトン、ライコネンが頑張るほどバトンが有利。実質はブラウンの二人とレッドブル二人の勝負

コンストラクターは残り6戦全てワンツーだと18x6で108P入る
現在トップのブラウンGPは126Pなので、18P以下のチームにチャンスは無い
現在該当するのは、ルノー、BMW、トロロッソ、フォースインディア
その上はウィリアムズの29.5Pだがカズキがタコかましてるので実質自力優勝は無理
トヨタも38.5P持っているが、ヨーロッパラウンドの不調ではワンツーどころか優勝すら厳しいので実質自力優勝は無いに等しい

残されたのは、ブラウン、レッドブル、フェラーリ、マクラーレンだが
フェラーリは、バドエルじゃダメでしょ。コース知らないとかすっとぼけた言い訳してるし。
つかプラクティスでコース覚えられねーなんて明らかに二流だ。
しかもルール分かってねーじゃん。
マクラーレンは? コバライネンじゃだめだろうな(ファンの人ごめんなさい)。
ヘイキは渋滞メーカーだし。(ちなみにハイドフェルド、フィジケラも渋滞メーカー)
[PR]

2009年 07月 30日 |
やはりF1におけるフェラーリはエンターテイナーだ!
ハンガリーでのマッサの不運により逆に活気付いたパドックではハンガリーGPをフェリペに捧げるとかかげていた。
そんな中ライコネンは2位でフィニッシュした。さすがだ。

そして今日(でいいのかな?)
今シーズンのマッサの代役(いやシーズン中の復帰は無理との報道なのでリリーフと言わせて貰おう)にあの皇帝シューミが帰ってくることになった。

あえて書く気にならなかったBMWのF1撤退も含めネガティブな話題が多かった中でルノーは散々だったけど常勝チームが一気に前に出て他を牽引するあたりプロ意識を強く感じる。
政治的問題がチームやドライバーに影響を与えネガティブになりがちなF1にとってハンガリーでのハミルトンの優勝(いや銀河帝国とルイスは正直好きではない)とフェラーリの奮起は高い評価に値すると感じていた。
そんな中での電撃発表である。
勝つ勝たないは正直どうでもいい。シューミが走ることで観客は歓喜に包まれる。
それでいいのだ。
で、何気にいい結果を出したとしよう。すればモータースポーツ界は更なる活気が生まれるしあらたな希望が生まれる。
バレンシア以後のF1が楽しみになった
[PR]

2009年 06月 22日 |
バトンも人の子でしたねぇ。よかったよかった。
にしても一番前走ってる時のベッテルはすげーな。
おととしのハミルトン以上の力を感じる。

といいますか、シルバーストーンでKERSを積載したのは我が跳ね馬軍団だけ。
にもかかわらずこれだけ善戦するとはさすが。
ここをオフをしてる間から感じてたことだけど、もしかしてマッサってかなり強くなってるかも?
そして総合的な組織力はやっぱ最強なんでしょうな。

おまけ
たしかに自分がF1というものを見始めてコレだけ各マニュファクチャの力が拮抗してる年はないのではないかと思う。そういう意味では紆余曲折はあったものの今年のレギュレーションはいいものであったと思いたい。
が、結局KERSは滅びそうだし、リアウィングを小さく高くしたためにディフューザーからの乱気流によりスリップストリームが機能せずレース中のパッシングは多くならなかった。
むしろ変についていけない車さえ追い抜けないほど困難になったのではないだろうか。
この点だけは残念と言わざるを得ない。
[PR]

2009年 06月 18日 |
三沢が試合中に殉職。。。(6/13だっけ?)

非常に残念。

ご冥福をお祈りします。
[PR]

あわわ
2009年 06月 07日 |
もし、もしだよ。
もしも、シルバーストーン、ニュル、ハンガロリンクまでバトンが7連勝しちゃったら勝利数が9勝ってことで
ドライバーズチャンピオンがシーズン半ばにして決まってしまう。

たのむ! ヴェッテル
たのむ! バリチェロ

話は飛んで、賭け事はやらないが、レースということでG1だけ競馬放送を見たりもする。
すごいね、ウォッカ。
先日の7馬身差も驚異的だったけど、今日の最後のスパートもすごかった。
[PR]

2007年 11月 13日 |
来年から、あのロス・ブラウンがHONDAに!

これでバリチェロ・バトン共にシート決定かな?
[PR]

2007年 11月 09日 |
アロンソ待ちも疲れてきたので、
一応確定?(なにせF1だから)と思えるものだけ整理する。

マクラーレン
ルイス・ハミルトン
フェラーリ
キミ・ライコネン/フェリペ・マッサ
BMWザウバー
ニック・ハイドフェルド/ロバート・クビサ
ウィリアムズ
ニコ・ロズベルグ/中嶋一貴
レッドブル
デビッド・クルサード/マーク・ウェバー
トロ・ロッソ
セバスチャン・ベッテル/セバスチャン・ボーデ
トヨタ
ヤルノ・トゥルーリ
ホンダ
ジェンソン・バトン/△ルーベンスバリチェロ
スーパーアグリ
佐藤琢磨/△アンソニー・デビッドソン

うーん場荒らしが起きない限りアロンソはルノーかな?
実際ルノーとフォース・インディア以外は決まってるようなものだし。
あっ!トヨタの2ndまだだっけ?

空きは?というと
マクラーレンに1つ(コバライネンかスーティル)
ルノーに2つ(アロンソ、ピケJr.、コバライネン、フィジケラ)
トヨタに1つ
セバスチャン・ボーデ(しかし二重契約)
フォースインディアに2つ(スーティル、空席)
今のところシート無しは、シューマッハ・・・。
どうもラルフのフォース・インディアは決まりそうかな?
しかしルノー次第じゃフィジコのフォース入りも否定できないし・・・。

まぁスーティルの大抜擢というサプライズでもあればうまくいくんだろうけど。
そうなると
マクラーレン
ハミルトン/スーティル
ルノー
アロンソ/ピケ
トヨタ(契約問題でBMWに負けると)
コバライネン/トゥルーリ
フォース・インディア
ラルフ/フィジコ あたりで落ち着きゃいいけど♪

マクラーレンが
ハミルトン/コバライネン
だと
ルノー
アロンソ/ピケ
トヨタ
トゥルーリ/グロックかフィジコ
フォースインディア
スーティル/ラルフ

どちらにしてもフィジコの席は一番難しそうだ。
[PR]

2007年 11月 07日 |
中嶋、2008年はウィリアムズのレースドライバーに! - F1-Live.com

ウィリアムズから来期の二人のドライバーが決定したと発表があった模様。
ドライバーは、
 ニコ・ロズベルグ

 中嶋一貴
の二世ドライバーの二人。

これでロズベルグのマクラーレンへの移籍はほぼなくなっただろう。
毎年のことを考えると、これからどんでん返しが起こる可能性は少なくなったと思う。

で、こちらウィリアムズは、最終戦ブラジルでブルツがいないことに不満をもらしていたニコの更なる成長と中嶋の活躍という二つの楽しみができた。

ニコ・ロズベルグにはアレックスがいたことで早く走れたなんて事が無いように祈りたい。
なーんとなくアロンソ騒動が鎮火の方向に進んできたような気がする。

マクラーレンの残りの候補は今のところコバライネンとスーティルだろうけど、
なーんとなくコバライネンで決着しそうだなぁ
そうなると、アロンソはルノーに戻るか・・・・・・、
もしも戻らなかった場合、ルノーはピケJr.とフィジコかな?

さてアロンソはどこに行くのかね?
そろそろルノーへの返答が発表される時期かと思うのだけど・・・・・・。
[PR]

2007年 11月 06日 |
なんだか、ハミルトンはコバライネン・ロズベルグ・スーティルの誰かになりそうなこと言ってるし
ブリアトーレは二年契約で打診返事待ちとのこと。アロンソはあまり乗り気じゃないようす。
アロンソは一年契約で09年にフェラーリやBMWなどと交渉したい様子
そんなアロンソにラブコールを送っているのは、BMW・ルノー・TOYOTA・レッドブル
どうやらレッドブルは、アロンソとエイドリアン・ニューイ、ロス・ブラウンを根こそぎゲットして
一年間で09を戦えそうなマシンを作りたいらしい。

一方ウィリアムズだが、どうにもこうにもロズベルグを出したくないという姿勢を貫いている。
パトリック・ヘッドは無理やりミハイル復帰を切望するなどなんだかハチャメチャ
そういう意味ではロズベルグ奪還なんて荒業もあるのか?

一方BMWとTOYOTAは本年度GP2チャンプのグルックをめぐる争奪戦に入った模様。
BMWはテストドライバーとして契約済み。しかしTOYOTAはドライバーとしてラルフの穴を埋めたい。そしてグルックはハミルトンの活躍を見て自分でも出来ると確信しているようでレースに出たいといっている。

まだまだ目が離せないファーストインプレッション。でもこっちが決まってくれないと
溢れ組みは、休暇にならないオフシーズンになってしまいそうだ。
琢磨、中嶋に正月はあるのか???
[PR]