カテゴリ:はじめにお読みください( 7 )
|

2006年 01月 20日 |
どーも、はじめまして、Cafe de Bukkie管理人のbukkieです。

最近、芸能界の超有名人、妻夫木聡さんの関連情報も
WEB上ではかなり増え、我がbukkieというハンドルネームも
上位に上がることも減少してきました。

念のためお断りしておきますが、
当方は、妻夫木聡氏の応援サイトではありません。

私の名前の一文字に「ことぶき」という字を使用していて
もう20年くらい、顔見知りにはぶっきーと呼ばれていたものです。

と上げておけば、とりあえずいいかな?
[PR]

2005年 12月 11日 |
トラックバック権限という機能が追加されたようだ。
なので、早速、下記条件を適応します。


□リンクがないトラックバックを受け付けない

※トラックバックの送信元にこのブログ( http://bukkie1972.exblog.jp/)へのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。ただし、エキサイトブログ同士のトラックバックには適用されません。

エキサイトのフィルタリングに準拠します。
なので
スパム防止も含め、エキサイト以外のTBは、
当方へのリンク必須となります。

特にスパム推進者、覚悟すべし


そして更に、こっそりキーワードも拒否。
何かは教えない。
[PR]

2005年 11月 12日 |
当方のブログは、ご覧の通りエキサイトのブログサービスをお借りしています。
なので、最低限エキサイトブログの利用規約をお守頂かないと、
当方の運営自体が危うくなります。

エキサイトブログ 利用規約

上記リンク先をよく読んでくださいますようお願いいたします。
[PR]

2005年 11月 12日 |
他の利用者にも不快な気持ちを与えてしまうので

「名無し」や「通りすがり」やそれに類似するIDは
内容にかかわらず、無条件で削除します。


大体の場合、自分の意見も持たずつまらん言いがかりばかりですからね。
[PR]

2004年 05月 16日 |
当ブログの利用に関して
何点か注意事項や禁止事項をコチラでご案内します。
一応サイドメニューのメモのところにも記載してありますが

●当ブログは個人の趣味で運営されております。
ですので、当然、閲覧してくださる方とのコミュニケーションを目的にしています。

●現在のブログ事情として一生懸命宣伝してお客様を獲得したいのは正直私も同じです。だからこそトラックバックのやり方等もうちょっとスジ通してほしいなと思う方がほとんど。たまにコメント残してくれる方なんかがいると涙がちょちょぎれます。

●個人だからこそお互いが繁栄できるように協力するものじゃないですか?
ということで、一方的な宣伝と思われる配慮の見受けられないトラックバックはコチラの一方的な判断により削除させていただくことがあります。
全てではないですが、共感できないものは遠慮なく消し去るつもりです。

●ウチは広告代理店や、アドワーズ広告屋ではないということをご理解ください。

●思いっきり営利目的と明確に判断できるトラックバックやコメントは私管理人のBukkieにとって、非常に迷惑なものです。そういったTBやコメントはお控えください。

●ブログって基本的には本人の書きたいことを綴っていくものだと思うので何を書こうと自由なわけですが、TB元になるサイト様において公序良俗に反している場合や、自殺・殺人等を促すような内容または過激な画像を掲載されている場合、TBを削除させていただきます。これは、たとえコメントやリンク、トラックバックが正当なものであっても行います。

●ブログならではの遊び(チェーンメールならぬブログチェーンの類、最近流行のバトンものなんかも該当します)は、私は否定派です。そのようなTBを頂いても、受けもしませんし止めもしません。
全て無視させていただきます。
[PR]

2004年 05月 16日 |
当Cafe de Bukkie Blogでは、あまりにもスパムが多いので
トラックバックに対して不本意ではありますが一線を引かせていただきます。

当方ではトラックバックはコミュニケーションの一部と考えております。
自分勝手なトラックバックは、他人の家の玄関先や塀などに
無断で張り紙をするようなものです。このようなトラックバックは
当方の判断によりお断りします。
よく言う言及リンクは義務とはいたしません。
それほどのものではないという判断であれば
同じ話題について触れているということで、
元記事の感想などコメントしてください。

それから、営利目的のブログ
(これにはアフィリエイト専門というものも含みます)及び
公序良俗に反する記事やサイトのトラックバックは全てお断りします。
そういうトラックバックは見つけ次第無条件で削除します。
ただし、世間話程度の下ネタ、Y談、性的表現はその限りではありません。
目安は、エキサイト・ニュース等ニュース・ポータルでの記事を目安にしてください。
その程度であれば容認します。

また、残虐・自虐描写に関しても同様に削除します。
以前ありましたが、リストカット等の自虐ネタはご遠慮ください。
つか、そういうのは、そういう専門性のあるサイトさんで自己責任の上でお願いします。

ということで、許可できるトラックバックの一例を列挙します。

 1.同じ・または類似性のある話題で言及リンクを記載している記事
 2.管理人と面識があり、他の閲覧者目的ではなく
   管理人bukkieにのみ読んで欲しい記事(普通にどちらかにコメントが付くはず)
 3.言及リンクをするほどではないが、一言「同じ話題に触れているので」ということで
   コメントを書き込んでいただいた記事

よーするに、コミュニケーションの見込みのある記事はOKです。

逆に、是非ともお断りさせていただきたい例も少し挙げておきます。
もちろん、削除対象です。
 1.自動トラックバックによるものと思われる無差別トラックバック
 2.どー見ても関連性のない記事からのping送信
   (関係の無い話題は当方本家サイトの掲示板のいずれかで受付いたします)
 3.Web友達及び当方の実際の面識者以外のお友達募集目的でのトラックバック
   いわゆる、不純な動機の出会い系ブログなんなど
 4.アダルト対策として、文字化けトラックバックも削除対象にします。
   ただし、現状ブログエントリのリンク集としてのアーカイブは
   この限りではないことにします。
 5.TB元を確認させていただいた際エントリが存在しない場合

それから、一方的なトラックバックにおいても、当方の利用者に有益な情報を
もたらすであろうと判断される記事からのトラックバックであれば
当方の独断で採用する場合もあります。が、無差別pingはお控えください。

現段階で上記禁止事項第4項に抵触する恐れのある
文字化けTBが存在します。
ですが、コチラの“ブログで情報収集!Blog-Headline-enjoy”様は
世の中のニュースネタを軸にしていらっしゃるブロガーさんが書いた記事を
紹介してくれるようなエントリをメインコンテンツにしていらっしゃいます。
当方も何度か紹介していただきました。
もちろん、そのようなコンテンツですから言及・引用はありませんが
当方アーカイブへのリンクはキッチリ行われております。
最初にTBpingを頂いたときに、文字化けなので再度ping送信してくださいと
コメントを残してきたのですが、その際お忙しいにもかかわらず
コメントおよび再pingを送信していただきました。
ですので、当方としては本来のTBの意味とは違うという認識は持っておりますが
コレはこういうコンテンツなんだと解釈しました。
ですので、コチラ様からのTBは今のスタイルを継続していただける限り
当方の規約の文字化けTBであっても削除は行いません。
えこひいきに聞こえてしまうかもしれませんが、ご了承願いいたします。

以上、恐れ入りますがご協力のほど宜しくお願いします。

※このエントリは断り無く管理人の主観により変更になることがあります。
[PR]

2003年 11月 03日 |
テクノラティプロフィール
[PR]