カテゴリ:時事ネタ (123)( 123 )
|

2007年 09月 08日 |
勝手に聞こえてしまうかもしれませんが
わが地域ではさほど大きな被害もなく、テレビを見る限り
鬼怒川が警戒水位を脅かすこともなかったようだ。

しかし各地では土砂崩れや倒木などで死者がでてしまったり
橋が流されたりしてしまった。

そういえば木橋はいきているのか?
今日あたり気が向いたら見てくるかな。

実はこのあたり非常に水害という点ではそんなに被害の多い地域じゃないのです。
自然の力で田んぼに水が引かれるくらいはよくあることだけど
小さな川すら氾濫して水浸しってのはほとんどない。

そうだなぁ記憶にあるのは那珂川が何度か氾濫したこと。
これはこの街には影響はなかった。
ちょっとビビッて鬼怒川の様子を見に行ったが河川敷の緑地は水没してたけど。

で明確に記憶にあるのが、茂木水害。
1986年のことでした。
当時台風10号だったかな?によって那珂川水系に危険水位や決壊が相次いだ。
栃木県でも茂木町の逆川が氾濫。茂木の町内では深いところで1.5m近く水没した。
今でも茂木町では、そのときの被害や教訓を忘れまいと、市街地の電柱には
当時の水没状況を示す黄色いテープが貼ってある。
うちの近所も、当時中2だったオイラは数日後に那須での教育キャンプを控えていた。
その日(8/5)はそのための登校日、しかし、家の近くは微妙な高台らしく水はなかったが
一番近い江川という川はあふれてた。決壊はしていないが。
それどころか農業用水は片っ端からあふれていて、通学チャリのタイヤは半分は確実に水の中だった。途中までは濡れないようになんて余計なことも考えていたが
結局面倒なのと、水の上だけ漕いでいても自転車は進まないことからびしょびしょになりながら
ガッコいったっけな。
でも、やっぱなかなかそろわなくて結局出たやつだけで話して帰ってきたような記憶がある。
後は連絡網www
中学の周りでも、かなりの台数の車がショート→エンストで水没してたっけ。
あーゆーとき、ビビってちまちま走ってるとあっという間に車って壊れちゃうんだってね。
意を決してある程度速度維持しつつ一気に抜けるほうがいいらしいとそのとき学んだ。
結局二日後?三日後?のキャンプは決行。土砂に埋もれなくてよかったし
良い思い出も出来たが、今の子供たちはそんなリスクがあったら即中止で夏休みの思い出も
きっと残らないんだろうなぁ。

今回のようにこういう大きな水害があると、何するでもなくそのときのことを思い出す。
そしてふと茂木に足を伸ばす。
しかし、今年は車がない。 (|| ゚Д゚)ガーン!!
仕方ないな、今年も思い出すことが出来たことだし、我慢するかな。
気がついたらもう20年経ったんだな。

これ以外も比較的頻繁に那珂川は暴れてるんだよね。
お隣福島県の白河市でも水没したことがあったっけ。

20年前の茂木水害のときは農業用水の氾濫だけでこのあたりも
低いところはひざ下まで水に浸かった。
道の上でプールの空気ボート持ち出して遊んだりしてた小学生もいたっけ。

もし鬼怒川が決壊、氾濫したら・・・・・・
鬼が怒ったら・・・・・・
考えるだけでも、猛烈に恐ろしい惨事になるだろうな。
そんな時自分に何が出来るんだろうか?

今年もまたそんなことを考える・・・・・・
[PR]

2007年 09月 03日 |
その昔、こんな曲があった。Epic世代としては非常に懐かしい。

どぉなっちゃってんだよ 岡村靖幸

この曲、歌詞を読んでいただければお分かりになると思うが
当時の世相に対しての皮肉というか警鐘というか
とにかく結構辛口に風潮批判しているんだよね。

こんなもん引っ張り出してどした?
[PR]

2007年 08月 29日 |
東京新聞:受け入れ難航 妊婦流産 奈良から大阪 救急車、車と事故 打診10カ所:社会(TOKYO Web)

また奈良かよ。二年連続で

専門医がゼロならやむなしだろう。でも、あれだけ去年マスコミにたたかれたんだ。
なんとか手配するすべはなかったのか?
しかし、もっと酷いのは、昨年も今年も救急であるにもかかわらず
ベッドがないとか専門医がいない(非番)というケースもあっただろう。

満床くらいで
急患拒否すんじゃねー


人の命を何だと思ってんだ。待合のソファーでもストレッチャーでもなんでもあるだろ?
仮に受け入れ不可能だとしても、救急車で応急処置のあと医師のいる病院で再度応急処置ないし可能であればきちんとした処置、容態が落ち着いてから待合のソファからどこでもいいからベッドのある病院へ移送でもいいだろう?
人の命に比べたらそんな簡単に思いつくようなごくごく些細なことがどうして出来ないんだよ?
そんなんじゃ自然災害によるけが人や二次災害による病人が一気に地域にあふれたときどうすんだ?
それぞれの病院だけの問題じゃねーぞ。国の処理を待つ前にどうして県内医師会やつながりのある他県の病院なんかに応援をを要請し、容態を落ち着かせてから転院させられねーんだよ。
人の命を預かる病院という機関がくだらない理由で患者を拒む
絶対許しちゃいけない殺人行為だと思う。

こんな悲しい事件見たくも聞きたくもない。いい加減にして欲しい。
エゴを主張するなら命預かるんじゃねーよ。

これを机上の空論とか、偽善だとかいう人たちもいるだろう。
しかしそれを言い訳に人の命が失われることはあっちゃいけないんだ。
自分の身内ならどうなんだ?

しかし忘れてはいけないことがもうひとつある。
情報の多様化により患者ないしその家族側が我が家第一主義に走り
一般のお店にクレームつける感覚で無理難題を病院に押し付けるケースもある。
それもやはり絶対にあっちゃいけないことだ。
双方の信頼そして理解がないから不用意に受け入れない病院が増えているという実態を
それぞれの人の立場でよく考えていただきたい。
[PR]

2007年 08月 03日 |
asahi.com:復縁めぐり立てこもり、38歳容疑者を逮捕 愛知・刈谷 - 社会

立てこもりだって?
復縁を迫って軟禁かよって犯人の名前が えっ?

中嶋悟

ですか?
ウソだろ?ってよくよくニュースに集中したら

なかしまさとる

さんでした。しかも38歳でした。

そうねぇ、ピレリがね~ というボヤキが懐かしい
息子はウィリアムズでテストドライバーやってるけど
近いうちにデビューのチャンスはやってくるのかな?
[PR]

へぇ
2007年 07月 23日 |
Qさま見てるんだけど

今年から

気温35℃以上の日を
猛暑日


というらしい。
[PR]

2007年 07月 23日 |
Japan.internet.com Webテクノロジー - 総務省総合通信基盤局、ブロードバンド事業者別契約数などのデータ紛失

総務省総合通信基盤局は、2007年7月23日、同局が保有する電気通信事業者のサービス別契約数等のデータが記録されていた USB メモリーを紛失したことを発表した。警察には、遺失物届けを提出しているとのこと。

2007年7月16日同局所属職員は、担当していた電気通信事業者のサービス別契約数等のデータが入った USB メモリーを携行し、翌7月17日に当該メモリーが紛失していることに気がつき、その後、職場や自宅など関係する箇所を捜索したが、当該メモリーは発見できなかったという。

紛失したデータの内容は、最長で2002年から2006年までの約4年間分の電気通信事業者のデータ 269者分で、ブロードバンドサービス事業者別契約者数や ISP 契約数など。

同局は、関係する電気通信事業者に対し、早急に電話連絡を行い謝罪するとともに、謝罪文書を発送する、としている。


なんだとさ。
で、ふと思ったんだけど、一般市民には、罰金や禁固など厳しい罰則があるよね。
でも、国の関係機関でこのような罰則を受けているということは聞いたことがない。

なんで?

いまいち納得がいかない。
個人情報保護法によって民間の情報保護の面においては各社に厳重に通達を出しておきながら、警察のnyによる情報漏えいや自衛官からの流出なんかがでてきたり・・・。

社保庁の年金記録漏れも、某農水大臣の東京事務所の架空経費も
民がやってりゃりっぱな犯罪だぞ。
[PR]

2007年 07月 22日 |
無能な与党と小学生並みの揚げ足取りしかできない野党
どっちに我が票をくれてやるか?

今回の参院選は全くもってくだらない論争になってるなぁと。。。

どうすべ?
[PR]

2007年 05月 10日 |
空を飛ぶ何だかよくわからない謎の物体を発見 - GIGAZINE

なんだこりゃ?
[PR]

2007年 04月 17日 |
44年ぶりの選挙戦 福島県の檜枝岐村で村長選
 任期満了に伴う福島県檜枝岐村の村長選が17日告示され、午前に2人が立候補した。1963年の村長選を最後に、連続10期無投票当選が続いていたが、44年ぶりの選挙戦となる。立候補したのはいずれも無所属新人で、元村議会議長の星守氏(59)と元村総務課長の星光祥氏(56)。同村は尾瀬への玄関口として知られるが、近年は尾瀬入山者数が低迷し、観光収入が減少。観光産業の立て直しが争点。


タイトルのように思いたくなるが、議会の選挙はやってるだろうし
県議会なんかもあるし、国会もあるからやってないわけはないかw

でも村長選44年ぶりって・・・
前村長は何歳で初当選して、今年何歳なんだろう?
[PR]

2007年 03月 30日 |
世間の圧力の下に心無い教育しかされずに圧力に潰されている現場教師達へ

イジメ問題も含め何かと逃げるようなことばかりやっている各教育委員会のお偉いさん共へ

そして、思いつきだけで適当な法律を作る下らない政治家さんたちへ


あんたらのような人たちが義務化する道徳って何ですか?
そもそもあんた達のやってることのほうが、無差別に自己責任という四文字熟語に転嫁して
肝心なところ逃げ回っていることのほうが

どれだけ道徳心に反しているのですか?

そんな私も含め、道徳心のかけらもない大人たちに道徳を教えることが出来るのですか?
それすら疑問なのに、科目化して絶対評価つける権利あるんですか?

あっ、そうそう!
この記事私見だけどさ、別に偏った内容ではないし
私のメッセージであるので

茶化して荒らそうとか考えるあなた。
オレはアンタと違い道徳心があるとか冷やかしに来るあなた。

そんなあなたもいるかもしれませんね。
マスコミも利益最優先しか頭に無い甲斐性のない企業も該当するかもですね。

そんなあなたたちも、人ん家勝手に上がりこんで集団催眠のようにいじめに走る
非道徳者ですから。

そんな話し合いの余地もないトラックバックもコメントも削除しますよ、今回は。
[PR]