■ 軽率な大盤振る舞いが招いたオチ
2009年 07月 29日 |
NIKKEI NET(日経ネット):経済ニュース -マクロ経済の動向から金融政策、業界の動きまでカバー

納車期限越えのエコカー補助 二階経産相「弾力的対応考える」
 二階俊博経済産業相は24日の閣議後の記者会見で、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」などの注文が殺到し、購入者がエコカーの補助金を受けられる来年3月末の期限までに納車が間に合わなくなる懸念があることについて「今後弾力的な対応を考えていく必要がある」と語った。補助金は予算措置を伴うことから、現時点でどのような対応を検討するかは明言しなかった。

 二階経産相は、購入者が補助金制度を円滑に利用できるように「まずは自動車メーカーに対して十分な供給を急いでもらう」と指摘。販売現場などでトラブルがあれば、解決するように努力してもらいたい考えを示した。

 補助金制度の導入には、消費者の購入促進のほか、自動車関連産業の雇用維持・促進も背景にある。このため補助金の継続などの対応について、「(自動車関連業界の)雇用問題などを確かめたうえで判断すべきだ」と指摘した


無茶な減税計画を進めるからこういうことになる。
こういうことの予測が当たっちゃうと、民主の政策にも疑問が出てくる。
今回の衆議院銀選挙は久しぶりに投票放棄だな。
国会議員でさえ審議拒否するくらいだから文句はいわせねーよ

経産次官「メーカーの増産で解消を」 エコカー注文殺到に

経済産業省の望月晴文事務次官は23日の記者会見で、トヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」などの注文が殺到し、購入者がエコカーに対する補助金をもらえる来年3月末の期限までに納車が間に合わなくなっていることについて、「自動車メーカーの増産によって、こうした状況の解消に努めてもらうことが第一だ」と述べた


なんで官僚って勝手なんでしょ。 o(`ω´*)oプンスカプンスカ!!
[PR]