■ マイケルの死
2009年 07月 08日 |
特に毎回購入して聞くほどではなかったのですが
時間が経つにつれ寂しくなってきました。





自分、基本的にジャンルは何でも大丈夫な方なのですが、
こてこてBlackよりHouse要素の強いものが客観的にみて好みのようです。

てなわけで、お気にのマイケルナンバーを何曲か聴いたりYouTubeやニコ動見たりと
こっそり浸っていたわけですが・・・

オイラ、洋楽・特にアメリカとなるといかにもアメリカンポップってコテコテのスローバラード好きなんですよ。もちろんそれ以外も好きですが。

そんな中、USAで何曲か聴く定番ってのがあります。
今は音源すら持ってない手放してしまったものもありますが。

ギルバート・オサリバンのAlone Again
トニー・ブラクストンのUnbreak My Heart
ニルソンもしくはカバーしたマライア・キャリーのWithout You
Boyz II MenのI'll Make Love To Youとか・・・(他にもありますけど)
そしてマイケル・ジャクソンのMan In The Mirrorなどが特に馴染むんですな。

この手の話はあんまりしたことが無いから今までの常連さんでも知らない人多いんじゃないかな。
というか2年放置したのでまた書いている事実をほとんど告知してません。
偶然見つけた常連さんがいらっしゃったら「すいません、こっそり書いてます。」

実は元々音楽をさほど聴くタチでもなかったし、芸能界に興味持つのも遅かったんですね。
で、友人が洋モノ好きが多かったせいもあってジャニーズだ、おにゃんこだって流行にはついていってなかったんですね。
で、お前もなんか聞けよと中学時代数名に半ばカンパ的に貸してもらえたカセットの1つが
マイケルのBADでした。その中の一曲で、その後8センチCDが衰退したこともあって
洋楽で唯一自分で買ったシングルがMan In The Mirrorでした。今はCDはありませんが。

そして、MCハマーはムカついてました。(どうでもいいですね)

それからUKだけでなくUSハウスなんかにも入っていったきっかけとなったのがマイケルだった。
マイケルからC+Cやウィル・スミス(当時はDJ JAZZY JEF & FRESH PRINCEだったかな)
BlackSoulに入っていったのはその後の話ですね。

でオールジャンルに染まっていったのは実はTSUTAYAでバイト始めた後ってのが現状ですね。
キングオブxxなんていわれてた、エルヴィスやジェームス・ブラウン、ジミヘンもその後です。
でリアル世代のキングオブxx、ICE CUBEやマイケル、T-REXも同じ頃回帰したりしてましたね。
で、漫画BASTARD!でヘヴィメタに嵌り・・・。次第にハウスもロックも何でもありになってましたね。邦も洋も聴くので、もし過去の財産を質に出してなければ今頃はCD1万枚相当の財産があったかもしれませんね。

だんだん何を言いたいのか分からなくなってきました。
BGMにMan In The Mirrorをリピートしてるせいかな?
いつ回想しても自分にとってマイケルは永遠のベストオブエンターテイナーです。
そして悲しみは今も消えません。本当は落ち着いてから書こうとも思ったのですが
さすがに時事芸能は生ものなので無理しましたが、やっぱりとっちらかりましたね。
みなさんすいません。

さーて今日は寝ますか。。。
[PR]