■ 交錯するアロンソの行方報道
2007年 11月 06日 |
なんだか、ハミルトンはコバライネン・ロズベルグ・スーティルの誰かになりそうなこと言ってるし
ブリアトーレは二年契約で打診返事待ちとのこと。アロンソはあまり乗り気じゃないようす。
アロンソは一年契約で09年にフェラーリやBMWなどと交渉したい様子
そんなアロンソにラブコールを送っているのは、BMW・ルノー・TOYOTA・レッドブル
どうやらレッドブルは、アロンソとエイドリアン・ニューイ、ロス・ブラウンを根こそぎゲットして
一年間で09を戦えそうなマシンを作りたいらしい。

一方ウィリアムズだが、どうにもこうにもロズベルグを出したくないという姿勢を貫いている。
パトリック・ヘッドは無理やりミハイル復帰を切望するなどなんだかハチャメチャ
そういう意味ではロズベルグ奪還なんて荒業もあるのか?

一方BMWとTOYOTAは本年度GP2チャンプのグルックをめぐる争奪戦に入った模様。
BMWはテストドライバーとして契約済み。しかしTOYOTAはドライバーとしてラルフの穴を埋めたい。そしてグルックはハミルトンの活躍を見て自分でも出来ると確信しているようでレースに出たいといっている。

まだまだ目が離せないファーストインプレッション。でもこっちが決まってくれないと
溢れ組みは、休暇にならないオフシーズンになってしまいそうだ。
琢磨、中嶋に正月はあるのか???
[PR]