■ 速報!
2007年 10月 07日 |
リンクしたくない人はリンクしないこと。

Formula 1 : 2007 standings - Racing-Live.com



ハミルトンがリタイヤ。1位・ライコネン、2位・アロンソ
これによって
 ハミルトン:107P
 アロンソ :103P
 ライコネン:100P

最終戦インテルラゴスは、
ハミルトンは5位以上でアロンソの前なら勝ち
アロンソは優勝してハミルトン3位以下なら勝ち(年間優勝数)
ライコネンは優勝は絶対!
その上でアロンソ3位以下(マッサとワンツーならOK)
かつ、ハミルトン6位以下。
これは非常に厳しいかな。(今期完走して3ポイント以下はニュルの0ポイントだけ)
つまりフェラーリはマクラーレン以外のチームの戦闘力から判断して
ワンツーかつアロンソ3位でもハミルトンのトラブルでもない限りドライバーズタイトルは厳しい。
今期優勝数だけなら一人抜きん出て5勝あげているライコネンが一番厳しいあたり
フェラーリのチーム力の弱さがもどかしい。
しかしF1を見始めて以来、シューマッハ時代以外はそこがフェラーリらしくもあり
ライコネンが勝ってもアロンソがチャンピオンになるあたりが
来期も飽きずにティフォシできそうな気もするけど。
(つか、なんかハミルトンは冷めてきた。多分金曜日の発言かと。。。)

だけどもだけど、
上位2台でもつれるのは良くあることだが、3台でもつれるのは久しぶりじゃないかな?
最終戦のインテルラゴスは初日のフリー走行から見逃せない
重要なラストグランプリになりそうだ。

それから、ここ数戦のトロ・ロッソの活躍がめざましい。
ゲルハルト・ベルガーと二人のドライバーに場を荒らしてもらえることを期待しようw
[PR]