■ F1ベルギーとマクラーレン騒動
2007年 09月 18日 |
オイラF1 Live.comしか見てないから気づかなかったけど
マクラーレン陣営当然のように上訴したみたいですね。

というのは、今回のスパでフェラーリがワンツーだったことで
ポイント剥奪が確定ならフェラーリのコンストラクターズタイトルが確定していたはず
(残り3戦で60以上差がついているので間違いない。つか先の段階で57ポイント差とう事は
フェラーリ全滅以外にザウバーのチャンピオンへの道はなかったわけか;)
しかし、ザウバーってさぁBMWと組んで何年だっけ?
2年目?3年目?その程度だよね?
それで100ポイントが見えてくるってのはある意味すごいね。
来年こそは台風の目になるかも?

でもって、オイラの私的感情による結末。
フェラーリ・ライコネン、マッサの順でドライバーズタイトル確定(ポイント剥奪により)
コンストラクターズももちろんフェラーリ

しかし、本当のチャンピオンはハミルトン
デビュー一年目にしてデビューイヤーにチャンピオンになったはいいが
チームのスパイ疑惑でそれが幻に・・・・・・。

でアロンソマクラーレン離脱・・・なんてことになったら面白いが
きっと半分もあたらんだろうな。(笑)

にしても、今年は若者の台頭が目立つね。
チャンピオンは史上最年少のアロンソ、そして次ぐのは
ハミルトン・ロズベルグ・コバライネン・クビサ・リゥッツィ・・・・
来年はもしかしたらピケ・中嶋の二世にもシートがあるかも?だし

バトン・トゥルーリ・ハイドフェルドなんていってる間に
クルサードはおっさんやし、ライコネンもバトンもトゥルーリもベテランの域
ミハエル・シューマッハが長生きしすぎてみんな沈んじゃいましたね。
[PR]