■ アロンソ、荒れてるようです(^^; (追加)
2006年 08月 05日 |
Formula 1 : News ALONSO
怒り心頭のアロンソ、ペナルティ決定
チャンピオンの行動は容認できず
- Racing-Live.com

ハンガロリンクのスチュワードは、4日(金)のフリー走行中の事件を受けて、チャンピオンシップリーダーであるフェルナンド・アロンソ(ルノー)が取った話し合いの予約をはねつけたようだ。

これによって、5日(土)の予選のすべてのピリオドで、アロンソにはラップタイムに2秒加えられるという、ペナルティが科せられることになった。この抜きどころのないサーキットでは、苦戦を強いられることになりそうだ。

アロンソは午後のセッションで、レッドブルのテストドライバーのロバート・ドーンボスにブロックされたとして、怒りをあらわにしていた。その後、ドーンボスの前に出ると、あからさまにブレーキテストを敢行。結果、スチュワードに説明を求められていた。

声明によると、ワールドチャンピオンの奇妙な行動は、“不要なものであり、容認することもできないし、とても危険な行為だった”とのこと。さらに、アロンソはイエローフラッグが振られている時にオーバーテイクをしていたという。

結果、ドーンボスへの行為に対し、1秒、イエローフラッグ中のオーバーテイクに対し、1秒、合計2秒が予選の各セッションでマークした最速タイムに加算されることになったのだ。


まぁフェラーリなオイラには良いニュースなのだが
フェアプレイで臨んで欲しいよね。
一応ポイントリーダーなんだしね。
なんだか、ちょっと
A.セナ、A.プロスト、N.マンセル時代をチラっと思い出した。
あの頃も結構ワガママだったなぁって(^^;;;

追加:
我が皇帝シューマッハもやらかしちゃったらしいね。
結局シューが12番手、アロンソ15番手からのスタート
ハンガロリンクの最後尾スタート記録って、持ってたの誰だ?
この位置からの地味なポイント争いが今後を左右するだけに
今回の決勝は面白そうだ。

失礼!バトンの10グリッド降格で
シューは11番手だったね。
幾分か優勝に近づいたか?
[PR]