■ 速報!生ネタ!!
2005年 12月 22日 |
SUPER AGURI Formula 1、大きく一歩前進 再申請への必要条件をクリア
F-1 Live.com


SUPER AGURI Formula 1は21日(水)、2006年のF1に出場するための再申請に必要とされる全10チームからの了承を得た。これで来季参戦に向けて最大の難関を突破したと言えるだろう。チームからのプレスリリースは以下の通り。


SUPER AGURI Formula 1(チーム代表、鈴木亜久里)は、本日2006年度F1世界選手権出場に関する再申請の必要条件であった全10チームの了解を得ることができました。

チームは今後、再申請の手続きを急ぐとともに、FIA(国際自動車連盟)からの正式な承諾を受けることになります。正式エントリー発表まではいましばらく時間を要しますが、今回の件に関しての関心の高さを考慮して、取り急ぎご報告申し上げる次第です。正式エントリーが決まりましたら、改めてご連絡申し上げます。

鈴木亜久里チーム代表
「今回のF1世界選手権への再申請にあたり、各チームが暖かく私たちを迎え入れてくれたことに深く感謝いたします。今後も皆様の期待を裏切らないよう、チーム一丸となって邁進していきますので、今後ともさらなるご支援をお願いいたします」

(SUPER AGURI Formula 1 プレスリリースより)


とりあえず、一歩前進、ちょっと期待が持ててきた。
ちなみにね、
a0020413_1065114.gif



こんなロゴも公開されてるよ。  やた!!

関連記事:
F1=スーパーアグリ、全チームからの同意を得る
Excite エキサイト : ニュース

来季のF1世界選手権シリーズ参戦を目指すスーパーアグリ・フォーミュラワンの鈴木亜久里代表は21日、エントリー申請に必要な既存10チームの同意を得たと、声明で発表した。
 スーパーアグリは正式承認を求めて、国際自動車連盟(FIA)にエントリーを再申請する。
 新規参入に必要となるFIAへの供託金4800万ドル(約56億3400万円)を期日までに支払わなかったため、先月のエントリー申請は承認されなかった。
 ホンダからエンジンを供給される同チームは、元BARの佐藤琢磨をドライバーに迎えるとみられている。

[PR]