■ フクロモモンガのペアリング
2003年 10月 13日 |
フクロモモンガのペアリングは他のモモンガに比べ、
どちらかというと簡単に成就します。
とは言っても、必ずうまくいくとは限りません。
ここで確認しないといけないのは、購入時にさかのぼって考える必要があります。
フクロモモンガにはナワバリや社交性があります。
外部から合流したフクモモ同士は喧嘩やトラブルになることがあるようです。
コツとしては、増やしたいなら、なるべく同じお店の同じケージの中から
ダブルで購入するのが良いでしょう。
その際も、昼間に購入するのではなく、夕方(閉店間際)あたりに見に行って
個体ごとの仲良し加減をよく観察するといいでしょう。
相性がピッタリなら、飼い主には迷惑になるくらい繁殖を続けるでしょう。
もちろん、それでは最終的に苦労することになりますから、
事前に近所のショップさんや、里親さん候補者を考えておくことも重要です。

フクロモモンガは、後にも書きますが、オスは発情期になると頭にハゲができます。
さらにお尻周りや胸元などにも臭腺があり、
求婚と存在誇示のためのマーキングを始めます。
我が家の場合ケージの上部ではあまりからむ事はありませんでした。
結構床材の上でも絡んでいるようなので極端に散らかしました。
これは我が家では3度全て発生している状況なので、
個体差はあってもそこそこ役に立つ現象ではないでしょうか?
この後、しばらくすると、メスは巣に引きこもりちょっとヒステリーになります。
ヒステリーを超えると雌のお腹が大きくなっていると思うので
多分この時点で出産していると思われます。
子食いを起こさないように要注意です。
[PR]