■ まさにコンピュータ・ウィルス?
2005年 09月 27日 |
オンラインゲーム空間で想定外の「疫病」が猛威
Excite エキサイト : ニュース


あぁーおそろしや、おそろしや。
はじめたばっかのレベルの低い人はたまったもんじゃないんだろうな。
バーチャルの世界も、現実社会のように、エイズやエボラのような
バイオハザードによって淘汰されバランスをとるようになっていくのか?



オンラインゲーム空間で想定外の「疫病」が猛威
[ 09月26日 17時05分 ] Hotwired Japan

 米ブリザード・エンターテインメント社のゲーム『ワールド・オブ・ウォークラフト』(以下『WoW』)のキャラクターたちが、自分たちの世界を襲った謎の疫病でばたばたと死んでいくという、仮想世界では珍しい事件が発生した。

 最初はまさかこんな大騒動になるとは思いも寄らなかった。ブリザード社はレベルの高いプレイヤーにちょっとした試練を与えようと、『WoW』の世界に新たなダンジョンを設けた。ところが、プレイヤーたちがこのダンジョンの最終ボスまで到達したとき、予想以上の試練が待ち受けていた。知らないうちに何かを町まで持ち帰り、仲間たちに分け与えてしまうのだ。最終ボスのハッカー・ザ・ソウルフレイヤーは「邪悪な血」という呪文を投げた。攻撃された本人が280ポイント前後のダメージを受け、パーティーのメンバーも同時にダメージを受ける強力な呪文だった。『WoW』の世界では、こうした強力な呪文は決して珍しくはない。しかし、この次に起きたことは本当に奇妙だった。

 感染した冒険者たちがクエストを終えて町に戻ると、知らず知らずのうちに邪悪な血を周囲の仲間に感染させた。疫病はすぐさま一族の間に広まっていき、まもなくいくつもの都市がこの人工的な病気の餌食となった。レベル58のナイト・エルフ族の戦士であれば280ポイントのダメージにも動じないかもしれないが、レベルの低いキャラクターはひとたまりもない。

 『WoW』の管理者たちは途方に暮れた。慌てて各エリアを隔離しても、疫病は瞬く間に手に負えないほど広まってしまったのだ。原因の1つはこのゲームの「ハースストーン」というアイテムにある。プレイヤーはこのアイテムを使うと他のエリアにテレポートできるため、地図上のもっとも遠い地域でさえほんの数分で疫病が到達してしまうのだ。

 最終的に管理者たちは、疫病を治す「呪文」を用意し、何とかプレイヤー全体に行き渡らせることができた。それでも邪悪な血の記憶が薄れることはない。コンピューター・ウイルス自体は新しいものではないが、今回のように悪意のないところから発生し、仮想世界で感染が広がったケースはかつて例がない。邪悪な血はある意味、環境の中で自然発生したものなのだ。さまざまな生命体がそうしてきたように、進化して自己増殖の道を探ったとさえ言えるかもしれない。

 ブリザード社は疫病を根絶して以来、一連の出来事に関しては驚くほど沈黙を守っている。しかし、この出来事について喜んで話すプレイヤーはいくらでもいる。14歳のオーク族のプレイヤーはあからさまにこう語った。「あちこちで人間が死んでいった。僕たちはもう笑うしかなかった」

[PR]