■ 福桃のベビのその後
2005年 09月 12日 |
先の二匹の方が飛行訓練を始めました。
じゃれついてると、どーもすぐ飽きるらしく
洗濯物やカーテンなど届きそうな所があると
ダイブはじめます。
そして、追えないくらいのフルスロットルで
天井方面へ駆け上がっていきます。

我が家は超古な家をお借りしているので
油断して天井裏になど入られてはたまりませんので
残念ながら、物干し竿のあたりで回収します。
それにしても元気になったもんだ。(^^

もう一匹は、昼は大所帯で睡眠なので
みんとのお腹からは出てきているようなのですが
夜は、このみんとちゃん結構な暴れん坊なもので
ひっきりなしに歩き回っているので
おとなしく袋の中で待機しているか
そうでなければ比較的おとなしめの

今回のベビたちに囲まれ母親の帰りを待ってます!!

ん?何かおかしくないかい???

そうです、我が家のフクモモ育児は、面倒を見る親が決まってません。
その場で外出したくない個体が一生懸命守っています。
なのでヤンママさんは遊びたい放題なんですな。
福桃使いの人たちからは、育児放棄じゃねーの?と
思われるかもしれませんが
母親もきちんと母乳あげてますよ。(確認済み)
どこの世も、家に縛られたくない女性はいるものなのだな・・・
なんて、ちょっと人間じみたことを考えてしまうのは
親バカゆえでしょうか。(^^;
[PR]